医療脱毛ができない時と注意点

医療レーザー脱毛は、脱毛の主流になっています。
安全で確実な脱毛ができるということで人気の脱毛法です。
永久脱毛が可能なので、医療レーザー脱毛を受けたいと考えている方も沢山いると思います。

しかし必ずしも脱毛施術ができるとも限りません。
ほとんどの方ができますが、脱毛施術ができない場合もあります。

アトピー肌の方や、かぶれ、ただれの症状がある方、また何らかの病気を患っている場合は要注意です。
レーザーは、毛の元の黒い色素に反応します。
そして毛の元を熱によって焼き、破壊するのです。
お肌に負担がかかるので、状態によっては受けることのできない方もいるのです。

ただ、上記の症状があるからといって必ずできないというわけではありません。
出力を弱めることで、お肌への負担も軽減できます。

また上記のような症状があっても、薬を処方してもらうことで安心して通うことができます。
医師は、脱毛だけげなく、体やお肌のことも熟知しているプロです。
それぞれに合った脱毛施術をできる限り提案してくれると思います。

そして日焼けしている方は脱毛できません。
レーザーは毛の元の黒い色素に反応しますが、お肌が黒いと、毛の元を見つけ出すことができずに十分な脱毛効果を発揮することができません。また、お肌にレーザーが反応してしまい、強い痛みを感じると共に、火傷の危険性もあります。
黒い色素に反応してしまうため、日焼けだけでなく、シミやホクロ、色素沈着している部分などは避けてレーザーを照射します。

まずはカウンセリングに行ってみることをお薦めします。
実際に状態を見てもらわなくては判断することができません。
ぜひ一度診察を受けてみてください。

脱毛サロンでの脱毛もレーザーに比べて効果は落ちますが、安全に脱毛できます。
郡山市で脱毛サロンを探している方はこちら